空の名前、宙の名前、色の名前。

物販担当 内田裕子

とても個人的な話で恐縮ですが、私、沖縄に来てから空を見ることが増えました。
沖縄って島のせいか、雲がものすごく美しいと思うんです。
そして、最近の夕陽の時間もとても美しく、
太陽と雲のコラボでちょっとしたショーみたいに感動的だなと思っています。
さてさて、前置きが長くなりましたが、
今日は本のご紹介です。
・・・・・・・・
 空の名前
 宙の名前
 色の名前
・・・・・・・・
特に「空の名前」は、
とても詩的な雲の名前が写真と一緒に紹介されていて、
私のような空マニアの方必見です。
実はこのシリーズ、私にとってはとても懐かしい本なんです。
前職のある企画で「空の名前」と雑貨をコーディネートさせて販売したことがあるんです。
そして当時、カラーコーディネーターの資格を取ったばかりで「色の名前」を個人的に買ったりも。
それから月日が流れて、そんなことはすっかり忘れてました。
が、ユニゾンで働くことになり、オーナーの三枝がこのシリーズの企画に関わっていたことを知り、ものすごく驚きました。
最初の刊行から約19年。
内容が普遍的なので古く感じることなく、今も版を重ねて出版され続けています。
ユニゾンでもつい先日追加入荷したので、イーゼルに立ててちょこっと前に出してみました。
空も宙も美しくなる季節。
この本を片手に、自然が作り出すアートを鑑賞してみませんか?