画家 なかがわ せいいちろう 個展 @CAFE UNIZON

画家 なかがわ せいいちろう 個展 @CAFE UNIZON

A broken clock is right twice a day”

— 壊れた時計も、日に二度は正しい。— 


嬉しい瞬間も、切ない瞬間も。

  どんな時だって、世界はありのままで美しい。

 

<会期>2018年6月6日(水)〜2018年7月2日(月)

<時間>7:3025:00(月曜のみ11:30〜)
入場無料 
火曜定休

  —アーティストから皆さまへ

独学で油彩を描き始めて12年が過ぎました。
最初の9年間は毎朝4時に起床し、一日3枚、一年に1000枚を描き続ける日々でした。

ペースダウンした現在も絵を描き続け、より美しいものを探しています。
時計でいえば、ちょうど針がひとまわり。

時計繋がりで、「壊れた時計も、日に二度は正しい」という言葉があります。
壊れていたとしても、時間がその壊れた時刻に日に二度戻ることから、どんなものでも何かの役に立つという意味を持った言葉です。

今のところ、絵を描くという時計は止まってはいません。
今回の展示会には、新作の作品を中心に展示をする予定でおります。

カフェでご覧いただくそれぞれの方に、新しい作品たちを楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

 

なかがわ せいいちろう

1974年生まれ 神奈川県横浜市出身
2005年より独学で油彩を描き始める
2010年より沖縄県読谷村にアトリエを移す
2011年 絵本「なにしているの?」出版

他、個展多数

 

HP http://www.parasol.okinawa

 

(画像は過去作品です、今回の展示会は現在制作中の新作を中心にした個展となります。)