三枝克之(みえだかつゆき)

WAVE UNIZON』編集長。

CAFE UNIZON>店主、office UNIZON>主宰。

文筆家、著作家、編集者、プロデューサー。

 

1964年、兵庫県生まれ。東京でのレコード会社勤務、京都での出版社勤務を経て、1995年よりフリーランスで活動。2003年に沖縄へ転居。2年間の専業主夫生活を経て、2005年に宜野湾市普天間に、カルチャーカフェ<CAFE UNIZON を開業。「沖縄文化食堂」「沖縄文化酒場」として、飲食だけでなく、書籍や雑貨の販売、多数の展覧会やフェア、ライブ、イベントも開催。

 

企画編集作品は、トータル120万部を超える大ベストセラー、『空の名前』『宙の名前』『色の名前』(角川書店)の三部作をはじめ、宮﨑あおい主演で映画化された『初恋』(中原みすず/リトルモア新潮文庫)、岡倉天心の名著『茶の本』をカフェスタイルに編集した、『本のお茶』(川口葉子・藤田一咲/角川文庫)のほか、多数。

 

主な著書に、万葉集をポップス調に訳した詩と写真をリミックスし、ベストセラーになった『恋ノウタ』全3巻(角川文庫)、世界各地の月の神話を紹介した『月のオデッセイ』(リトルモア)、1200点の写真を掲載したパリ図鑑『旅のカケラ パリ*コラージュ』(角川書店)、琉球の歳時記と神話を綴った『風に聞いた話 〜竜宮の記憶〜』(角川書店)、日経新聞1面コラムでも紹介された『FUTENMA360°』(ビブリオユニゾン)などがある。

 

雑誌では、『BRUTUS』『& Premium』『Hanako』(マガジンハウス)、JTA機内誌『Coralway』などの全国誌で、沖縄関連記事を手掛ける。琉球新報では12年間にわたって毎月、映画コラムを執筆した。

 

また、京都造形芸術大学で写真編集の非常勤講師を5年間務めたほか、現在まで、奈良県主催の沖縄音楽の大型野外フェスの総合プロデュースや、沖縄県発行の冊子『おきなわがんサポートハンドブック』の編集を毎年継続して担当している。  

 

※詳細プロフィールは下記よりダウンロードお願い致します。

ダウンロード
三枝克之プロフィール
三枝プロフィール180101.pdf
PDFファイル 401.2 KB