《カフェユニゾン展示企画》

「めんそーれ、テオ・ヤンセン展 〜ストランドビーストと沖縄の風〜」9/13(水)〜10/2(月) ※火曜定休

11:3025:00 @カフェユニゾン  

 

こちらは入場無料の展示会になりますので、皆様のご来店をお待ちしています

 

「テオ・ヤンセン展 沖縄2017」がいよいよ10/3(火)〜11/11(土)に沖縄県立博物館・美術館で開催されます。https://theojansenokinawa.com/

 

カフェユニゾンではこれに先立ち、9/13(水)〜10/2(月)に「めんそーれ、テオ・ヤンセン展 〜ストランドビーストと沖縄の風〜」をプレ企画として開催。

21世紀のダ・ヴィンチともいわれながら、沖縄ではまだ知らない人も多いこの世界的なアーティストと、彼が生みだした「風で動く人工生命体<ストランドビースト>」の魅力を、動画映像や写真パネルで紹介します。

 

そして、その「めんそーれ、テオ・ヤンセン展」のオープニングイベントとして、宮沢和史さんのトークイベントが決定。

「島唄」「風になりたい」などの風にまつわる代表曲があり、またテオ・ヤンセンの大ファンでもある宮沢さんに、沖縄の風について、またテオ・ヤンセンの魅力について、語っていただきます。

 

トークパートナーは、沖縄でのテオ・ヤンセン展を個人で企画し、本人にも何度も会っている戌亥近江さん(カフェプラヌラ)。進行は沖縄の風について紹介した著書『風に聞いた話 〜竜宮の記憶〜』もある、カフェユニゾン代表の三枝克之が務めます。

 

「めんそーれ、テオ・ヤンセン展 〜ストランドビーストと沖縄の風〜」の会期中には、「テオ・ヤンセン展 沖縄2017」の前売りチケット(大人1,000円、高校生大学生700円、小中生500円)もカフェユニゾンにて販売致します。カフェユニゾンにてご購入のお客様には「カフェユニゾンのプチスイーツ無料券」をプレゼント。

 

本イベントは、「テオ・ヤンセン展 沖縄2017」の成功をサポートするため、企画したものです。多数のご参加ご来場をお待ちしています。

テオ・ヤンセン http://theojansen.net/

1948年、オランダ生まれ。彫刻家。物理学者。デルフト工科大学で物理を専攻。1990年、キネティックアート「ストランドビーストの制作を開始。「21世紀のダ・ヴィンチ」とも呼ばれる、作品に込められた独創性とメッセージ性は、ヨーロッパのみならず、アジア、北米と世界のアートを席巻しつつある。

・宮沢 和史(みやざわ かずふみ )   

http://www.miyazawa-kazufumi.jp

1966年山梨県甲府市生まれ。"THE BOOM"のヴォーカリストとして1989年にデビュー。沖縄民謡との出会いをきっかけに沖縄との縁を深める。92年に発表した「島唄」は、日本国内はもとより、世界中で愛される歌となった。バンド活動の一方で、ソロでの歌手活動、他のアーティストへの楽曲提供、執筆活動、俳優業など、活動は多岐にわたる。2016年より沖縄県立芸術大学の非常勤講師を務める     

・戌亥 近江(いぬい ちかえ)

テオ・ヤンセン沖縄展覧会実行委委員長。カフェプラヌラ店主。

力でく人工生命体『ストランドビスト』が、大好きなの浜を沖縄の風によってく姿がたい」という強い思いから、一個人で『テオ・ヤンセン展 沖縄2017』を企画。

 

・三枝 克之(みえだ かつゆき)

1964年兵庫県生まれ。文筆家、著作家。編集者。カフェユニゾン店主。office UNIZON主宰。2005年にカフェユニゾンをオープン。また自著に『風に聞いた話 〜竜宮の記憶〜』『恋ノウタ』(角川文庫)、『月のオデッセイ』(リトルモア)、編集者として『空の名前』『宙の名前』『色の名前』(角川書店)、『FUTENMA360°』(ビブリオユニゾン)ほか、手がけた書籍多数。

 

【会場・予約・お問い合わせ】

カフェユニゾン

〒901−2201 沖縄県宜野湾市新城2−39−8 MIX life-styleF

TEL&FAX:098−896−1060 E-mailinfo@cafe-unizon.jp

HP:http://www.cafe-unizon.jp Facebookhttps://www.facebook.com/cafeunizon/

Twitter:@cafeunizon instagram:cafe_unizon