もらって嬉しい「絵」のプレゼント

展示販売会担当:ひだかはるな

こんばんは。

カフェユニゾン、展示販売会担当のはるなです。

 

バレンタインでしたね〜〜。いかがお過ごしでしたか。

わたしは自分用に北中城村の安座間珈琲で美味しいペルーのカカオをつかったチョコレートを買いました。
(バレンタインじゃなくても買うけど!笑)

 

バレンタイン、というとやはり甘酸っぱい思い出かなと思い、スタッフブログに書くことでもないかと思いつつ、いやでもありかもと思い書き始めています。

 

というわけで突然ですが、わたし、中学生の頃、大好きな先輩がいました。

 

一目惚れだったわけですが、そのひとはとっても絵が上手で。絵を描くことが好きなんだろうなと、その絵を見てるとこちらまで楽しくなってしまうようなものばかりを描いていて。一緒にいたい!がために、美術部までに入部したりしたな〜と思い出しています。

 

その先輩が描くものはなんでも大好きだったんですけれど、あるひとつの絵にめちゃくちゃ惚れ込んだんですね。その絵のタイトルは「花鳥風月」でした。パステルカラーの水色をバックに、まるやしかくがまるで踊ってるみたいに配置されたその作品。ずっと眺めていても飽きなくて、よくよく眺めていると色の白いところを残すのにどれだけ苦心したかとわかるような跡を見つけたり。

 

その絵に惚れ込んだときに、「絵にはそのひとのエネルギーがこもってる」ということを理解したように思います。正確に表現すれば、絵を描くのにかけたパワーや、時間、そのひとの「人生」のかけらのようなものが絵の中にあるんだと感じたんですね。

 

そういうものを感じれば感じるほど、こんなすごいことができる先輩は素敵だし、先輩の描く絵はすばらしいんだ!!ということを、ちゃんと先輩に伝えたくなりました。でも、流石になんか面倒くさいよなーとか、重たいよなぁ・・・と思い、感想を記したメールを打っては消し、打っては消し。

 

とにかく沸いてくるその先輩にどうにかくそのリスペクトを伝えたかったけど、うまくいかず、結局、その先輩に何の気無しを装って「こないだのあの絵、とっても素敵でした。」「あれがもらえたらな〜ちょー幸せ者だな〜〜」とちゃっかりおねだりメールで誤魔化しました。

 

そんなやり取りをしてからしばらくあと。

「はい、あげるね。」と、間に合わなくて遅くなっちゃったけど誕生日プレゼントって言って先輩がくれたものが、その作品だったんです。

 

もうすっごいびっくりした!本当に嬉しくて嬉しくて、お礼の言葉がなかなか喉から出てこないくらい心臓がバクバクして。しかも、わたしのために模写をしてくれたというからもうこれまたびっくり。

 

よくよくみるとちょっと違うところや、色合いがもっと素敵になってるところもありました。嬉しくて嬉しくて、その日はずっと絵を眺めてはため息をついて、なんだか胸がいっぱいで、一回もご飯を食べなかったのすらもよく覚えています。

 

そんな甘酸っぱ〜い思い出が、生まれて初めてひとから「絵」をプレゼントされた経験でした。まだ自宅に大切に飾っています。どこへ引っ越すとしても一緒に移動していきたいです。それくらい、好きになっちゃったんですよね。

 

さて、本題です。

ユニゾンでは今「小さな絵本展ー8年間の軌跡ー」が開催されています。 

写真にうつっているのはキジムナ前津さんの作品。

タイトルは「飛行クジラ」。

このクジラが登場する絵本のストーリーが好きで、原画と記念撮影したいな〜って思ったときにパッとこれを選びました。

 

今回の絵本展では、My piece art projectの皆さんのご厚意で原画の販売も行っています。

ひとつひとつのお値段は、一緒に並んでいるポストカードや絵本に比べたらとても高いです。

 

どうしたらお客さまにその魅力を伝えられるか?

何度も考えていますがあまり良い案が浮かびません。

 

どうしてかというと、わたしは「絵」を買ったことがないからです。

 

でも、思い出したんですよね。

「絵」のプレゼントをいただいたことはあること。

そしてそれがとても嬉しくて、おばあちゃんになっても大事にしたいと思ってること。

 

これってもしかしたら、お客さまにも届くんじゃないかと思って。そんなことを考えて、10年前のわたしの胸キュン話を皆さんにシェアしてみました。わはは。

 

誰かに何かを想いを伝えるときにそっと演出を加えてくれるポストカード。

しっかりとした形のあるメッセージを伝えたいときに手伝ってくれる絵本。

今回の展示会に並んでいる作品はどれも、誰かと誰かを繋いでくれるものばかりです。

 

そのなかでもとりわけその力が強いのは、やっぱり「絵」そのものだと思っています。

 

そして、その魅力を皆さんに伝えるためには、「この絵を持ち帰りたい!!」と思っていただくためには、アーティストのことを好きになってもらうのが一番シンプルで一番良い方法だ!!と。

 

(もちろんお店をぐるりと一周して、ああこれは・・・(ポッ)となるものを見つけていただくのもありですけどね。☺)

 

というわけで、これから展示会が終わってしまう3月5日まで、My piece art projectのアーティストのひとりひとりの方ががどんな想いで作品を製作されているか、ちょっとずつご紹介していこうと決めました。

 

 

ぜひぜひ引き続きスタッフブログで楽しんでくださいね!

絵本展は3月5日月曜日まで!!

ぜひぜひ会期中にお店に遊びにいらしてくださいね〜〜。

お待ちしております!